6価クロムフリー 化成処理(ACFシリーズ)  Q&A

   

化成処理とは何ですか?

金属表面上に化学酸化剤の反応によって酸化皮膜を生成させる処理。化学皮膜とも言う。

   

化成処理とアルマイトはどう違うのですか?

アルマイトは電気化学的に皮膜をつくる処理で、化成処理は化学反応で皮膜をつくる処理です。アルマイト皮膜は一般的に電気を通しませんが、化成皮膜は通すものがあります。なお、弊社の導電性アルマイト(導通マイト)は電気を通します。

   

化成処理の特長は何ですか?

①コストが安価である。②化成皮膜によっては通電部位に使用できる。③仮防食としての使用が可能である。④塗装の密着性が良い。⑤耐熱性がある。

   

塩水噴霧試験とは何ですか?

塩水噴霧試験とは大気腐食を対象にした腐食試験法の1つで、腐食液(5%塩化ナトリウム水溶液)を35℃±℃の雰囲気下で連続または間欠的に噴霧した雰囲気に試験片をさらして行う試験です。自然状態では長時間を費やして生じる腐食挙動を、短い時間に圧縮して評価する促進試験法の1つです。規格にISO 9227、JIS Z 2371、JIS H 8502 等があり、それ以外に腐食試験でよく使用される試験機として複合サイクル試験があります。

   

ACFとは何ですか?

ACFとはAluminum Chrome Freeの略語で、六価クロムフリー又は六価クロムレスの環境にやさしいアルミニウム用の化成処理法のひとつです。詳しくはこちらをご参照下さい。

   

RN(レイティングナンバ)とは何ですか?

腐食試験を行った後の腐食評価の1つで、皮膜を貫通していない変色などの表面欠陥及び試験片の端面に生じた腐食は評価の対象としません。腐食の面積の有効面の全面積に対する比率(腐食面積率という)によって、表1に示す段階に区分し、それぞれのレイティングナンバ標準図表(JIS Z 2371の付属書1)と比較し評価します。


アルミニウム・マグネシウムのアルマイト・化成処理のお見積り、お問い合わせ

会社案内

詳しい地図はこちら

  • 〒242-0027
    神奈川県大和市下草柳822-3
  • TEL:046-264-1311
  • FAX:046-264-7010
  • 受付時間 8:00~17:00

お問い合わせ