硬質(HA)、特殊硬質(SHA)アルマイト

  • JIS H 8603(アルミニウム及びアルミニウム合金の硬質陽極酸化皮膜)に基づく皮膜で通常の硬質アルマイト、ハードコート、ハードアルマイト等と呼ばれています。
  • 規格は合金種により皮膜を5種類に分け、硬さ、耐摩耗性、皮膜質量、耐食性等の性能をそれぞれの数値で評価しています。
  • 指定がない限り、皮膜厚さは50µmが規格の評価皮膜厚さとなります。
  • 合金種、皮膜厚さにより、黄褐色~褐色~黒、黄褐色~褐色~乳青色、グレー~黒等の色調変化が生じます。色調と皮膜厚さから合金種を推測することが出来ます。
  • 弊社の硬質アルマイトはHA:JIS規格対応、SHA:どの合金種、製造方法でも硬質アルマイト作成、AHA:400~450HVの特殊仕様の硬質アルマイト、UHA特殊硬質アルマイト・シリーズではUHA‐1:450~500HV、UHA‐2:500~550HV、UHA‐3:550~600HV等の「超硬マイト」があります。
  • 「タフ・ガード」は耐摩耗性皮膜で硬質の協会標準板の硬質の1.8倍で,硬質シュウ酸アルマイトの1.2倍の耐摩耗性を有しています。
  • 「ヒートブラック」は350℃の耐熱性黒アルマイトで皮膜厚さ20~30μm、寸法公差はH7公差可能、硬さは350~400HVの特性を有する耐熱硬質黒アルマイトです。

    Hard (HA), Special Hard (SHA) Anodic Oxide Coating

硬質アルマイト(HA) Hard Anodic Oxide Coating (HA)

適応合金
Applicable Alloys
工業用純AL系(A1000番系)、Al-Mn系(A3000番系)、AL-Si系(A4000)、Al-Mg系(A5000番系)、AL-Mg-Si系(A6000番系)、AL-Zn系(A7000番系)
アルミ鋳物(AC4C,4D,7A,7B)
アルミダイカスト(ADC5,6)
皮膜厚さ
Film Thickness
30~150μm、特に指示のない場合は50μmを標準とします。
皮膜の硬さ
Film Hardness
合金によって異なります。
400HV以上……A1000番系、A5000番系、A6000番系
350HV以上……A3000番系、A4000番系、A7000番系AC4C,4D,7A,7B、ADC5,6
処理可能最大寸法
Maximum Treatable
Measurements

長物・・・2500mm×1000mm×500mm

板物・・・2300mm×2100mm×500mm

※傷つきやすい為、事前にご相談ください。

特殊硬質アルマイト(SHA) Special Hard Anodic Oxide Coating (SHA)

 適応合金
Applicable Alloys
A2000番系、ADC10,12をはじめ、すべての合金に適応します
皮膜厚さ
Film Thickness
5~150μm
皮膜の硬さ
Film Hardness
合金によって異なります。
370HV以上……A1000番系、A5000番系、A6000番系
330HV以上……A3000番系、A4000番系、A7000番系AC4C,4D,7A,7B、ADC5,6
処理可能最大寸法
Maximum Treatable
Measurements
2500mm×1000mm×500mm

※材質、成形方法により異なります。

寸法増加量(片面についての変化量)

増加量(mm)=皮膜厚さ(mm)×0.45~0.50
※合金によって異なるため、図面指示の場合は事前にご相談ください。
[例]硬質アルマイト50μm処理時の片面の寸法増加量
片面の増加量…0.05mm×0.45~0.50=0.022~0.025mm.

打ち合わせ上の注意及び確認事項

  • 合金名
  • 有効面(必要とされる面)及びマスキング部位(処理を行なわない部位)
  • 皮膜厚さ及び寸法(機械加工寸法、仕上げ寸法)
  • 皮膜厚さ及び合金種による色調違いと限度見本(上限、基準、下限)
  • ラッキング用接点部位
  • 図面、サンプル
  • 検査基準、外観判定基準、包装基準等

会社案内

詳しい地図はこちら

  • 〒242-0027
    神奈川県大和市下草柳822-3
  • TEL:046-264-1311
  • FAX:046-264-7010
  • 受付時間 9:00~17:00

お問い合わせ