表面処理について

表面処理とは

表面処理とは、強度や耐久性を高めるため、材料の表面に研磨や塗装、めっき、熱・化学処理などの方法で処理加工することを意味します。その種類は多岐にわたります。

◎処理法による表面処理の分類

処理法 主な目的
大分類 中分類  
清浄 洗浄

湿式洗浄、乾式洗浄

 

油脂類の除去
除錆(せい)

浸漬除錆、ブラスト、

液体ホーニング、バレル研磨

スケールの除去、さびの除去
研磨

機械研磨、化学研磨、電解研磨、

化学機械研磨

平滑光沢化
エッチング

化学エッチング、電解エッチング、

乾式エッチング

表面形状の創製
ショットピーニング 中・低速ショット、高速ショット 耐疲労性、スケールの除去
印刷

凸版印刷、凹版印刷、平板印刷、

孔版印刷

表面加飾
塗装 スプレー塗装、静電塗装、電着塗装、粉体塗装 耐食性、装飾性
ライニング 樹脂ライニング、ガラスライニング 耐食性、耐摩耗性
湿式めっき

電気めっき、

化学めっき(無電解めっき)

装飾、耐食性、耐摩耗性
化成処理

りん酸塩処理、りん酸鉄処理、

クロメート処理

塗装下地、耐食性、摺動特性
陽極酸化

鉄鋼への陽極酸化、

非鉄金属への陽極酸化

耐食性、耐摩耗性、着色
乾式めっき(気相)

物理蒸着法(PVD)、

化学蒸着法(CVD)

耐摩耗性、摺動特性、光学特性
イオン注入 高エネルギー注入、中エネルギー注入 電気特性、耐摩耗性、耐熱性
溶融めっき

溶融亜鉛めっき、

溶融アルミニウムめっき

耐食性
表面熱処理 表面焼入れ、浸炭焼入れ、窒化処理、拡散浸透 耐摩耗性、耐疲労性、摺動特性
溶融処理

クラッディング、アロイング、

グレージング

耐摩耗性、耐熱性、耐食性
溶射

ガス式溶射、電気式溶射

 

耐摩耗性、耐食性、耐熱性